医療法人 Arrow 藤川歯科の医院概要

医院概要

医院名 医療法人 Arrow 藤川歯科
院長 藤川和久
所在地 〒569-0814
大阪府高槻市富田町1-8-15コクリコ富田1F
TEL 072-695-5152
アクセス JR京都線「摂津富田駅」南出口より徒歩2分
阪急京都線「富田駅」より徒歩2分
マップ

診療時間

 
10:00~13:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○
14:00~19:30 ○ ○ ○ ○ ○ △
休診日 日曜・祝日

△…17:00まで

医療法人 Arrow 藤川歯科の院長紹介

略歴
1985年3月 大阪歯科大学卒業
4月 名越歯科勤務 名越弌彦先生に師事
1987年4月 名越歯科副院長に就任
2001年4月 名越歯科院長に就任
2011年3月 名越歯科から藤川歯科として移転開業
2018年5月 法人化に伴い医療法人 Arrow 藤川歯科に医院名を変更
研修歴
歯周病・インプラント 1987年、1988年、1993年、1995年、2007年、2008年、2013年 歯周病学の世界的権威Lindhe教授の臨床歯周病学コース修了
1989年 Nyman教授 歯周病学コース
1992年 Nevins先生 歯周・補綴・インプラントコース
1988年 Bronemark Implant systemコース
1991年 U.C.L.A.インプラント科
咬合・顎関節症 1987年 P. E. Dawson先生 咬合再構成治療コース
1987年 F. Mongini教授 顎関節症コース
1991年 J. Hadem先生 顎関節症コース
1992年 Okeson教授 顎関節症コース・咬合コース
1995年 Terry T. Tanaka先生 T・M・Dコース
1998年 H. Gelb先生 顎関節症・オーラルリハビリテーションコース
2009年 原節宏先生 顎関節症コース
関連・その他医学 1995年 劉宝崑教授 中医学セミナー
1995年、1997年 吉田勧持先生 構造医学 原理・臨床コース
他多数の先生の講義を受講
丸茂義二教授主催 丸茂研修会
1990年~ 日本歯科大学顎関節症センター長、丸茂義二教授に師事
1993年 ベーシックコース
1995年 アドバンスコース・臨床レントゲン像読影コース
1996年 咀嚼側判定コース・クラウン総義歯コース
1997年 咬合分析コース
1998年 TMJエキスパートコース
1999年 咀嚼側判定コース
2002年 咀嚼側判定コース・歯周病講義
2003年 咀嚼側判定コース・顎関節症の診断と治療コース修了
2004年 総義歯コース
その他、丸茂教授の講演会を多数受講

院長メッセージ

はじめまして。医療法人 Arrow 藤川歯科の院長を務める藤川和久と申します。

私は大学卒業以後、国内外の高名な先生方の教えを請い、そこで学んだ治療を実践・応用してまいりましたが、その中で「歯のみを治療しても改善しない症例」に出会い、全身との関係を深く考えるようになりました。そこで構造医学研究所所長・吉田勧持先生に構造医学を学び、日本歯科大学顎関節症センター長・丸茂義二名誉教授に師事。全身と歯の関係について知識を深めるに至った次第です。

全身と歯の関係について学ぶ中では、日本人には日本人の生活習慣・食習慣に基づいた治療法があるということがわかりました。その知識を修得して診療に応用することで、治療成績が向上しました。

また、最後方臼歯にセラミックを使用した「審美性を優先して機能性を無視した治療」が、巷では多数行われているようですが、いくら仕上がりが美しくても、歯が本来有している役割を果たせなければ意味がありません。当院では「審美性だけでなく機能性を重視した治療」を行っておりますので、ご安心ください。

口の内側だけを診ていても、本当の意味での「治療」、そしてさらに重要な「予防」にはつながりません。真の歯科治療とは、全身と歯の関係を十分に理解・考慮しながら生活習慣の改善を行い、全身の長期的な健康まで見据えて行う診療や処置のことである――私たちはそう考えています。

医療法人 Arrow 藤川歯科 院長
藤川和久

医療法人 Arrow 藤川歯科のスタッフ紹介

医療法人 Arrow 藤川歯科の院内紹介

院内紹介

エントランス

全面ガラス張りの開放的なエントランスです。ガラス張りですが、外からは院内をはっきり見渡すことができません。プライバシーには十分配慮しておりますのでご安心ください。あたたかみのある照明で、落ち着いた雰囲気があります。

受付・待合室

茶色を基調としたシックで贅沢な雰囲気があり、ホテルのロビーのような空間です。治療の準備ができるまでの少しの間、ソファーに座ってゆったりとした気分でお待ちください。

個室

完全に仕切られて個室となっている診療室です。周囲の目を気にすることなく治療に集中していただけます。壁の色調・照明にもこだわり、リラックスして治療を受けていただけるように工夫しています。

歯科技工所

当院では歯科技工物を院内技工所にて作製していますので、詳細な指示も伝わりやすく、オーダーに関することも融通を利かせることができます。歯科技工士が患者さんと直接お話しすることもできますので、満足度の高い人工歯をおつくりすることが可能です。

カウンセリングルーム

患者さんのご要望や口腔内のお悩みをうかがって治療プランを立て、治療経過や結果についてじっくりお話しさせていただくためのカウンセリングルームです。どんな些細なことでもご質問・ご相談ください。丁寧にわかりやすくご説明します。

設備紹介

ユニット

やさしく身体を包み込むような質感と独自のフォルムで、長時間座っていても快適なチェアです。患者さんの出入りの妨げにならないように、ユニットの高さを低めに調整することもできます。当院では院内感染対策を徹底しており、治療器具は患者さんごとに必ず滅菌しています。

ハイブリッドタイプCT

歯科用CTとパノラマレントゲンの機能を兼ね備えたハイブリッドタイプCTです。フルアーチを撮影できる広範囲の有効視野を持ちながら、数本の歯牙にしぼって撮影することも可能。3Dオートフォーカス技術により、より精度の高い撮影ができます。

口腔内カメラ

カメラヘッドの厚みを10mmまでスリムダウンした、世界最小クラスの口腔内カメラ。患者さんの負担なく、狭い大臼歯部分までしっかり視認できます。従来のカメラでは困難だった第二大臼歯の裏側や知歯まで鮮明に映し出すことが可能。ドクターや衛生士が「正確に診る」のと患者さんが「見て納得する」の両面に貢献します。

口腔内デジタルセンサ

デンタルX線装置と組み合わせることで、すばやくレントゲン写真を撮影・分析できる歯科用機器です。撮影から画面表示まではわずか1秒未満。撮影後は待たずに診療することができます。サイズや厚み、そしてラウンドコーナー形状、60%以上の低被ばく化実現など、患者さんの負担を考慮した製品になっています。

位相差顕微鏡

位相差(光線の波長などの違い)を明暗のコントラストに変換することで、細菌を生きたまま観察できる顕微鏡です。これにより、10ミクロンほどの微細な細菌を4cmほどの大きさで視認することが可能。細菌の種類や量を調べることができるだけでなく、患者さんへのわかりやすい説明にも活用できます。

マイクロスコープ

人体に使用する拡大鏡で、当院では患部を最大22倍まで拡大できる最新のマイクロスコープを使用しています。セラミック治療の際に健康な歯を削る量を最小限に抑えられる、精度の高い人工歯の作製が可能になるなどのメリットがあります。

メインテナンス専用チェア

こちらはメインテナンス専用のチェアです。長時間座っていても快適な独自のフォルムで、やわらかい質感は多くの患者さんに好評です。メインテナンスルームも完全個室ですので、他の患者さんの目線を気にすることなく、リラックスして処置を受けていただけます。

ジェットポリッシャー

クリーニングパウダーと超微細な水を噴射することによって、歯に付着したタバコのヤニや茶渋、プラーク(歯垢)などをきれいに除去します。

口腔外バキューム

治療の際に口腔内から飛散する唾液や切削粉などの飛沫を吸引・除去するのがこの口腔外バキュームです。患者さんの健康をお守りするだけでなく、診療室内を清潔に保ち、診療環境を整えるうえで欠かせない設備です。

クアトロケアー

歯科医療で使用する切削機器は非常にデリケートです。その機器が100%の能力を発揮できなければ満足な治療をご提供することができなくなります。このクアトロケアーは、治療機器のクリーニングと注油を同時に行い、常に機器をベストな状態に保つ装置です。

超音波洗浄機

当院では、一度使用した治療器具類は必ず超音波洗浄機にかけています。それにより、内部の細部に入り込んだ血液などの汚れも徹底的な洗浄・除去が可能。超音波洗浄後には、さらに滅菌作業を行います。

滅菌器

院内感染予防の徹底に力を入れている当院では、患者さんの口腔内に入るすべての器具に対し、ヨーロッパ規格EN13060において最も厳しいと言われるクラスBの規格をクリアした滅菌器(オートクレーブ)を使用。徹底的な空気除去による真空蒸気滅菌が可能なだけでなく、複雑な形状の器具、さまざまな種類の機材を滅菌することができます。滅菌した器具は、すべて滅菌パックに封入して管理するので衛生的です。

歯の測色器

オリンパス社が開発した歯の色調を測定する機器「クリスタルアイ」です。個人の歯の色は、まさに「十人十色」。患者さんの天然歯と色を合わせて被せ物や詰め物を作製する際、色調を再現するための指針となる機械です。

このページの先頭へ