• ホーム
  • 保険と自費では素材も技術も違います

「保険診療」と「自費診療」の違いを正しく知りましょう

歯科診療には、「保険がきくもの」と「保険外のもの」の2種類があります。わかりやすい違いは自己負担の金額ですが、「素材」や「技術」も大きな違いとして挙げられるポイントです。こちらのページでは、大阪府高槻市の歯医者「医療法人 Arrow藤川歯科」が保険と自費の違いについてお話しします。

保険診療と自費診療の概要

保険診療 自費診療
  • 厚生労働省が定めた保険制度に準じて行う診療
  • 保険診療の目的は、最低限の機能回復の実現
  • 診療費の負担が一部軽減もしくは全額免除される
  • 治療内容や方法、使用する薬などの制限がある
  • 厚生労働省が定めた保険制度に準じて行わない診療
  • 自費診療の目的は、快適性・機能性・審美性の追求
  • 使用素材や作製方法に制限がないが、基本的に全額自己負担となる
  • 治療方法や使用素材の選択肢が広がり、美しい仕上がりや機能性、耐久性を得ることが可能

素材の違い

保険診療と自費診療においての大きな違いは、使用材料とその作製方法です。保険診療の目的は歯の病気の治療における最低限の機能回復ですので、素材も作製方法も限定されます。そのため、見た目の美しさを追求することができません。

保険診療の素材 自費診療の素材
  • レジン(歯科用プラスチック)
  • パラジウム合金(銀歯)
  • セラミック
  • ジルコニア
  • チタン
  • ゴールド など

使用器材の違い

保険診療の使用器材 自費診療の使用器材

素材以外の違い

保険診療の場合は、全国どこの歯科医院でも同じ費用(自己負担額)で同じような治療を受けられます。しかしその反面、保険診療では「治療にかけられる時間」も限られてしまうため、精密な処置を行うにも限界があります。時間が限られるということは、それだけ技術力を発揮しにくいということ。「最善の治療」を実現する上では、時間はとても重要なポイントです。

一方、自費診療では治療にかかる費用を歯科医院で決めることができ、治療にかける時間も医院によって大きく異なります。丁寧・確実な処置や質の高い技工物の作製には、時間と技術力がものをいいます。インプラント治療や特殊な素材を使用した入れ歯治療、セラミック治療などの審美性や快適性を追求した治療、重度の歯周病治療などの高度な治療が自費診療となるのはそのためです。

審美歯科はほとんどが自費診療です

審美歯科で使用する素材に関しては、ほとんどが自費診療の範囲に入ります。ただし、そこに至るさまざまな治療には保険診療を適用できる場合もありますので、治療を受ける際は費用負担を考慮して最適な治療方法を選択することが必要です。

当院では治療計画を立てる際に、患者さんのご予算やご要望をおうかがいし、患者さんにできるだけご満足いただけるような治療計画をご提案しています。気になることやご希望などありましたら、お気軽にご相談ください。

審美歯科治療で求められるのは「技術力」です

医療法人 Arrow 藤川歯科 主任技工士 東條雄介医療法人 Arrow 藤川歯科
主任技工士 東條雄介

審美歯科治療は、歯本来の機能性の回復と同時に高いレベルで「口元の美しさ」を追求するためのものです。「美しさ」を追求する歯科医師や歯科技工士には、他の治療や処置よりも技術力が要求されます。

しかし、ただ優れた技工物をつくる技術があればよいかというとそうではありません。どんなに歯科医師や技工士が満足しても、患者さんにご満足いただかなければ何の意味もないからです。そこで当院では、歯科医師や歯科技工士に求められる「技術力」を以下のように考えています。

歯科医師・歯科技工士に求められる3つの「技術力」
  • 患者さんが求めていることを把握するカウンセリング力
  • 美しい口元をさまざまな視点からつくり上げるデザイン力
  • 豊富な臨床経験に基づいて精密な処置を行う技能力

これらの技術力を存分に発揮するためには、ある程度の時間とお金をかけていただく必要があります。審美歯科治療は、健康にも美にも十分に考慮しながらその方本来の魅力をいっそう引き立てるためのもの。「技術力」をもってかけていただいたお金以上の満足をご提供することができれば、とても価値のある治療だと考えます。

保険と自費の豆知識

Q

自費診療の内容は「どこの歯科医院でも同じ」ではない?

保険診療と自費診療は素材の違いだけであると説明されることもあるようですが、実際には素材だけ変えてその他(技術など)は保険と同じという歯医者も存在します。型取りの精度や噛み合わせの調整が不正確だと、高価な素材を使ったのに「虫歯になりやすい」「耐用期間は保険診療と変わらない」ということになりかねません。こういったトラブルを避けるには、保険・自費にかかわらず、その歯科医院がどのような考え方で治療を行い、どのような実績を持っているかをきちんと確認しましょう。

Q

保険診療は「欠陥のある制度」?

最低限の機能回復を目的とする保険診療には厳しい治療制限が存在しますが、その制限をクリアした治療が「患者さんに将来的な安心をご提供できる治療」なのかというと、決してそうではありません。健康保険の枠組みの中で治療をしている以上、症状やご要望に適した「最善の治療」が実現できないのです。また、「保険診療は経営を圧迫する行為」と考える歯科医院も少なくありません。というのも、現状の制度では技術評価がまったくないため、よい治療・丁寧な治療をすればするほど赤字になり、逆に質の低い医療で上手に数をこなす歯科医院が黒字になりやすいから。保険診療は患者さんの自己負担を抑えるいい側面がある一方で、良心的な歯科医師にとっては「不本意な制度」でもあるのです。

このページの先頭へ