藤川歯科では院内技工所を併設しています

患者さんの口腔内の治療を行うのは歯科医師ですが、装着する詰め物や被せ物をつくるのは歯科技工士の役割です。審美歯科治療を成功させるためには、歯科医師の技量だけでなく、歯科技工士の技量の高さも必要になります。

実は、多くの歯科医院が人工歯の作製を外部の歯科技工所に外注しているということをご存知でしょうか? そうした現状の中、高槻市の歯医者「藤川歯科」では院内歯科技工所を併設して審美歯科治療を行っています。こちらでは、院内技工所だから実現する3つのメリットについてご紹介します。

審美歯科治療で「最上級の美しさ」を実現したい方へ

オーダーメイドの審美歯科治療が可能になる

歯の色合いや形状は、患者さん一人ひとりで異なります。そして一人の患者さんでも、1本1本の歯は形も色調もそれぞれ微妙に違っているものです。その繊細な個体差の中で自然な色合いを再現する上では、実際に技工士が目で見て確認できることが大きなアドバンテージになります。当院では審美歯科治療に長けた経験豊富な技工士が常駐しているので、周囲の歯に合わせた美しい歯、そして噛み合わせの精度が高い歯をご提供することが可能です。

患者さんのニーズに的確に対応できる

技工士が院内にいるということは、患者さんと直接お話ができるということ。とくに審美歯科の場合は、患者さんの満足度を高めるためにご要望を詳しく把握するための対話が欠かせません。患者さん、歯科医師、そして歯科技工士の三者で十分なコミュニケーションが取れれば、患者さんの理想を的確に表現することができます。

熟練の技工士が手作業で丁寧に作製する

藤川歯科の治療で使用する被せ物・詰め物・入れ歯などの技工物は、すべて審美面に秀でた熟練の歯科技工士による手作業でつくられています。院外技工所だと作製・調整に時間もかかりますが、急を要する場合や簡単な調整の場合は、少しお待ちいただくだけで仕上げることが可能なケースもあります。技工士一同、常に技術の向上に努め、よりよい技工物のご提供を目指しています。

Greeting歯科技工士より、患者さんへごあいさつ

藤川歯科 主任技工士 東條雄介

院内技工所で技工士をしていることのメリットは、何といっても直接患者さんにお目にかかれることです。歯科医師から受け取る歯科技工物の指示書だけでももちろん精度の高い情報は得られますが、直接自分の目で患者さんのお口や歯を確認できることによって得られる情報のほうがはるかに多く、より正確だといえます。

私たちは、患者さんの歯の色や形の特徴、お顔とのバランスを考慮するとともに、患者さんの印象を思い浮かべながら人工歯を作製しています。ご要望がありましたら、何でもお気軽にご相談ください。患者さんの笑顔のために、より満足度の高い人工歯をおつくりします。

審美歯科治療で「最上級の美しさ」を実現したい方へ

審美歯科で使用する詰め物や被せ物の精度・美しさ・グレードは、歯科技工士の技量の高さに左右されます。藤川歯科の歯科技工士はいずれも経験豊富で患者さんにも好評ですが、当院では「それ以上の審美治療」や「最上級の美しさ」をお求めの方にトップセラミスト(歯科技工士)をご紹介することも可能です。

トップセラミストのご紹介

口の中に使用歯科技工物のクオリティを決めるのは、作製する者の技術。そのため、技術力がある歯科技工士が時間をかければかけるほど、非常に美しい仕上がりの技工物をつくることができます。歯科技工所「ippin dental laboratory」では最新の機器を用いてひとつの人工歯をじっくり精巧に作製することで、最上級の美しさを求める患者さんのご希望にお応えしています。当然料金は高くなりますが、それだけ上質な技工物を手に入れることができます。

アメリカでは「よい技工物をつくるためにはお金と時間が必要」というのが常識になっていますが、「アメリカ(歯科先進国)の審美歯科治療に比べて10年遅れている」と言われることもある日本では、その認識を持たれている方が多くありません。そのため、最上級の技工物を作製できるトップセラミストも非常に少ないのが現状です。「最上級」をご希望の方は、当院へご相談ください。

歯科技工所「ippin dental laboratory」について

こちらでは、トップセラミストとして活躍している旗手勝浩氏が運営する歯科技工所「ippin dental laboratory」をご紹介します。旗手氏は以前「藤川歯科」で技工士として勤務し、その後アメリカで歯科技工の品質を追求されてきた方です。オールセラミックの人工歯作製を専門に行っていらっしゃいます。

こちらのラボでは、最新のマイクロスコープを使用して技工物作製を行っています。通常の歯科技工所では拡大率が10倍程度の拡大鏡を使用することが多いですが、こちらでは最大30倍まで拡大できます。

左はオールセラミックの人工歯の写真です。"すばらしい作品"ともいえるオールセラミックの人工歯はやはり高額で、前歯1本あたり30万円ほど。通常の歯科医院の技工物に比べると高額ですが、そのぶんグレードの高い上質な一品を手に入れることができます。

このページの先頭へ